中文日本語English
ニュースセンター
TOPページ > ニュース > 業界ニュース
年間規模以上工業増価は前年同期比で急増した8 . 3 %で
時間: 2015-02-10    閲覧回数: 浏览:3174

2014年、わが国の規模以上の工業増価は前年同期比で急増している。成长率は前年同期比では下がるが、膨大な基数の上に君臨し、成长率が難しいということでもある。よりさらに喜ばしいのは、昨年、韓国の工業経済]、形態の方が上、分業複雑になり、構造をより合理的な方向に拍車をかけているところ似る——。

1月27日付けの両国班のブリーフィングで、手纸の部発表データによると、2014年の全国規模以上の工業増価は前年同期比8 . 3 %、2013年には9 . 7 %増えた数値だ。「韓国の工業成長が高速転向に急ピッチでだった」と話した。工業と情報部副部長は、毛伟明掛けのほかに、韓国の工業経済が见に向かって形態の方が上、分業複雑になり、構造をより合理的な方向に拍車をかけているところ似ることになれば、経済が安定に運営されの原動力になったのは、正常な秩序の転換だ。

「2015年規模以上の工業増価に拍車を掛け、工学と情報化部に設定された8 %だが、その目は依然として低い」と話した。工業と情報化部運行モニタリング協調局副局長黄利斌回答の『経済日報記者の質問に対して、現在、韓国経済発展の新しいにより、成長速度のギアチェンジに構造調整のなかったのに続き、成長エンジンを転換しなければならない状況では、この目标を実现さを払わなければならない大事な努力を傾けている。

民生投資成长率が高いのが現状だ

14年、韓国の工業投資は20.45兆ウォン、成长率は前年同期比で値下がりして4 . 9 %ポイント上昇した。

そのうち、国家支援奨励発展の業界、と民生関連業種への投資に拍車を掛け高い水準を維持すると、食品製造業への投資は前年同期比22 %に、鉄道や船舶、航空航天、その他運送装備製造業投資は16 . 1 %で医薬品製造業投資は15 . 1 %だった。一方、一部の生産能力の過剰業種に投資成长率が目立っては下がり、金属加工压延民族と投資減少5 . 9 %で、昨年上半期と压延非鉄金属加工業投資増加に4 . 1 %に上る。「韓国の工業構造の内部には積極的な変化だ」と述べた。毛伟言い付けです。

工业の投資の変化した効果がはっきりしている。2014年韓国新エネルギー車累計生産8万3900台で、同比4倍近く多かった。ソフトと情報技術(it)サービスや産業デザイン、现代物流などが急成長し、生産的なサービス業続けた産業構造のアップグレードを促した。一方、鉄鋼、電解アルミニウム、セメント、薄型ガラスなど、調整が必要と圧縮の業生産成长率は目立って急落している。14年、粗鋼、セメント、薄型ガラスの生産量は前年同期比でそれぞれ0 . 9 %増に止まっと1 . domain name ownership search . 8 %と1 . 1 %へと、同期反落とも5ポイント以上;10種の非鉄金属の生産量は7 . 2 %で、前年同期比増加に過ぎない下り坂に2 . 7 %ポイント上昇した。

同時に、韓国産業発展動力から脱皮し、成長源泉転向新成長に拍車をかけ、伝統産業ハイエンド化が改革、新興産業を良好に保つことだ。2014年にはスーパー・コンピューター・百万キロワット級の原発装備、ジャンボ飛行機など、新たな重大突破、ハイテクの製造業は前年同期比12 . 3 %の増加で、製造業の増加の比重まで上昇した12 . ip address websites 8 %だった。そのうち、装備製造業や电子増価成长率はそれぞれ10 %と12 . 2 %。

「韓国に連続年連続世界1位の国、製造業がこのように大きな基数で、依然として実現するかのように伸びていて、こんなに早くことすら容易ではないだろう」と話した。毛伟言い付けです。

工业情报の深さ

毛伟明によると、現在物ネットヮ-ク化と車ネットヮ-ク化しなければならない分野が速いスピードで、次のような深化工業やインターネットの融合を退け、知能型製造のパイロットのモデル活動担当だった。

绍介によると、2014年韓国物ネットヮ-ク化の販売収入は6000億元で、30 %以上増えた。近年は我が国の物とネットヮ-ク化総合成长率は30 %以上、センサ,射频技術、td−lte,チップ設計製作など技術の分野では大きな突破で工業、環境、交通、民生サービスなどの分野でだんだんの大规模化応用は、ビジネス・モデルがきちんと運営される。

「携帯電話であることは间违いない知能型端末、これから自動車も歩いている道路での知能端末だ」と話した。そうではない」と毛伟明にたとえ、現在韓国車のネットワークにユーザーは900万人で、成長速度が今も続いているリサイクルしなければならない。

工业のインターネットなどの新技術力に押されて韓国産業化や情報化効果で深みの融合に基づいて、インターネット上での新業態と新しいビジネスモデルは相次いで起り、情報化時代の基盤の上で産業を改造向上しつつ、ソフトや情报に基づいて、サービス業、雲计算や大データなど新種のフォーマットの下での生産性のサービス業に広がっている。

2014年には、サービス業は3次産業の比重が再び、産業化となり、経済発展の主な拉动力であり、情報消費はその中で貢献するところが大きい。工業と情報化部の発表によると、2014年には国内情報消費規模が2兆8000億ウォンで、18 %増の;電子商取引額は約21兆ウォンで、20 %上回っている。

「情報消費をリードした関連産業の発展のために、1兆2000億ウォン対gdp貢献約0 . 8 %ポイントになったことから、生産的なサービス業も、化を融合した成果を体现している。」毛伟言い付けです。

発表され涉企料金が張り出された

工業と情報化部スポークスマンが、運営モニタリング協調局局長郑立新回答『経済日報記者の質問によると、手纸の部を推進している中央省庁および各地域の行政许可を義務付ける調停前置有料リストを一日を構築し、全国涉企有料项目库として提示し、対リスト以外の便法的な有料化した暴露と、取り締まりを強化している。

14年、国務省庁舎けたたましく「をさらに強化することを涉企有料管理企業の負担の通知」によると、もっとも目立つのベッキーがすべきことは、規範涉企リスト制度を有料で毛伟明すればにとっては、「明細以内、リスト以外にやる血色ゼロ有料だった」と話した。

それだけでなく、地方と省庁間の无断で設立料金の権限が取り消しになり、行政の许可を義務付ける調停前置サービス料金が規範であることから、理論的に診断し、行政承認と関連した仲介有料だった。

绍介によると、現在涉企段階的に有料リスト制度、全国と地域別涉企有料行政事業上の料金と政府基金のリストが発表されており、常态化によって設立された公示制度だ。

涉企かたづける規範を有料で著しく成果を出せずにいる。統計によると、全国普惠性、減税の1年間は企業や住民の負担を減らすことを400億元で、それぞれの省キャンセル、停征減免涉企料金の項目で、年間が企業や住民の負担を減らすことを1000億ウォン以上だ。

現在の手纸の部は建設してきた全国3000社余りの企業の負担の捜査情報プラットフォームを把握し、企業の負担の変化によって設立された全国と海外各省市の企業の情報提供や尋問制度だ」と述べた。郑立新紹介した。(源/経済日刊紙が、文/黄フム氏、推薦・温平、编集/李宏伟)

1
2014コンコード商事株式会社青島ファイリングライセンス番号:呂ICP第15007275-1